ec-news1
決済ニュース

・ビットコイン経済圏が拡大 口座4000万、決済額1年で倍増
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/141006/mcb1410060500010-n1.htm


>仮想通貨ビットコインの利用が拡大の一途をたどっている。
>決済手段として受け入れる企業の増加や相場の落ち着きなどを背景に
>専用口座数は今や世界で4000万以上に達し、決済額も過去1年で推定2倍に膨らんだ。
>ただ本格的な普及にはセキュリティー面を含め乗り越えるべきハードルがなお多いのが実情だ。

##
先日はGMOペイメントゲートウェイ社が、
ビットコインによる決済サービスの開始を発表しました。
http://news.mynavi.jp/news/2014/09/25/125/

今後、ますます注目される決済方法となりそうです。
##

・テックファーム---カジノ向け決済システムを開発、米国で事業化へ
http://diamond.jp/articles/-/26911


>スマートフォンの非接触通信技術を使った、
>カジノ向け決済システムを開発したと報じられた
>チップやコインのやり取りを、カジノホテル内で使える電子マネーで代替する。

##
2020年開催予定の東京オリンピックも見据え、
日本国内においても、議論されつつあるカジノ市場。

こちらも目が離せません。
##

EC業界


・売り上げが伸びているEC企業は多店舗展開を推進している傾向にある(SAVAWAY調査)
https://netshop.impress.co.jp/node/724


>月商が大きいEC企業は多店舗展開を行っているケースが多い状況が判明。
>一方、運営店舗数が少ないEC企業は月商規模が小さくなる傾向にあることが分かった。

##
「売上の増加」・「多店舗展開」は、
どのEC事業者にとっても、常に付きまとう悩みです。
この2つはまさに「鶏が先か、卵が先か」というジレンマです。

最近では、SAVAWAYを始めとした、
多店舗管理ツールを導入されるEC事業者もかなり増えているようです。
##


・第108回 フリマアプリが生み出すスマートフォンECの新しい潮流
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/494324/100200011/


##
最近、大きな盛り上がりを見せるフリマアプリ市場。
一方で、フリマアプリとは違った動き・違った見せ方をしてきているのが、
LINEのECアプリ「LINE MALL」。

国内外において、まだまだCtoC市場は発展途上であり、
今後新たなプレイヤーも数多く生まれてくる予感がします。
##