ECニュースロゴ

決済ニュース

チャージバック補償保険サービスを開始、イーコンテクストとベリトランス


>オンライン決済事業を展開するイーコンテクストとベリトランスは11月1日、
>両社の決済サービス利用加盟店を対象に、
>不正なクレジットカード利用による返金請求などのチャージバックを補償する
>「チャージバック補償保険」の団体加入制度を開始した。

##
J-PaymentやGMOイプシロンに続いての対応。
顧客にとってニーズがあると考えられるのはもちろんですが、
本業である決済代行サービスに関連したオプション等で
マネタイズを行なっていきたいという考えが
どの企業にもあるとも見えますね。
##


コインパス、EC事業者向けビットコイン決済サービス開始へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/103101718/


・サイバーエージェント子会社、"ビットコイン決済"運営するコインパスに出資

・ストリートアカデミーが導入決定 EC事業者向けのビットコイン決済サービス「CoinPass決済」リリース



>コインパス(東京都新宿区)が2014年11月4日、
>EC(電子商取引)事業者がビットコイン決済を導入できるサービス
>「CoinPass決済」を開始することが明らかになった。
>コインパスが提供する決済APIとつなぐことで、
>自社ECの顧客向けにビットコイン決済を提供できる。
>EC事業者は販売代金をビットコインでも日本円でも受け取れる。

##
コインパスの記事がここ数日で相次いだので、ご紹介。
販売代金の受け取りが円でもビットコインでも可能というのは、
面白い特徴の1つですね。
日本ではまだまだ普及には遠いビットコイン決済ですが、
EC事業者の導入はどこまで進むのでしょうか。
##

EC業界

■Amazonの商品をコンビニ店頭で注文できるサービスを開始、ローソン


>ローソンは11月4日、店頭に設置しているマルチメディア端末
>「Loppi(ロッピー)」を通じて「Amazon.co.jp」で販売している商品を注文し、
>店頭で受け取れるサービスを開始すると発表した。
>まずは静岡県内のローソン(199店舗)で実施し、
>2015年には全国のローソン店舗へサービスを拡大する予定。

##
ネット通販に馴染みがない年配者の取り込みを狙った
ローソンの施策ですが、
あまりターゲットとしては広くないと考えられます。
電話でのオペレーションにも工数が割かれると思うので、
ここからどう発展させていく考えなのか、
非常に気になります。。。。
##



■ドイツ発フラッシュセールサイト「Brands for Friends」名称変更 日本でサービス拡大へ
http://www.fashionsnap.com/news/2014-11-04/brandsforfriends-milleporte/


>世界最大級の正規ブランドセールサービス
>「BRANDS for FRIENDS(ブランズ・フォー・フレンズ)」が11月4日、
>「MILLEPORTE(ミレポルテ)」にサイト名称を変更した。
>今後は「MILLEPORTE」を基点にフラッシュセールはじめ、
>2015年以降に公開を予定する新規サービスも展開していくという。

##
アメリカでは数多くの利用者がいると言われている
フラッシュセール。
GILTを始めとして、広告でも目にすることもあるかと思いますが、
日本国内においてはまだまだこれからな印象です。
今後どうなっていくか、ここも注目の市場ですね。 
##



本日のECニュースまとめは以上です!


■過去のECニュースはこちらから!
ec-news1