タグ:ECサイト運営

172

ECサイトを運営するにあたり、従事しなければならない様々な業務があります。その中のひとつとして、「在庫管理」を挙げることができるかと思います。

 

そもそも在庫管理とはどのようなことを指すのでしょうか?

業態により異なりますが、生産、もしくは仕入れから販売を行うまでには、原材料、仕掛品、製品、商品といった異なる形での在庫が必ず存在します。

 

このような在庫の数を、いかに適正な数で維持するのか、というのが在庫管理であり、課題となるでしょう。

 

1.在庫が多い/少ないとどうなる?

在庫が過剰となった場合の問題点として挙げられることは以下のようなことです。

  • 倉庫のスペースを圧迫する
  • 本来しなくてもよい管理業務が必要となる
  • 在庫を維持するための費用が発生する
  • 売れ残ったものを売ろうとするために、値下げして販売せざるを得ない

など、実に様々な問題が発生してしまします。

 

一方、在庫が少ない場合はどのような問題が起こるでしょうか?

  • 在庫がないために販売機会を損失する
  • 品切れが起こり、欲しい顧客からのクレームが発生する
  • 品切れが起こることにより、信用がなくなる
  • 急ぎで商品を手配する場合には、追加で費用がかかる

以上のような問題が考えられるかと思います。

 

このように、在庫が過剰であっても過小であっても、健全な経営をする上では避けなければならない問題が起きてしまうということになるのです。

 

2.在庫管理をする上での重要なポイントとは?

では、在庫を管理する上で需要となってくるポイントとはどのようなものなのでしょうか?

 

それぞれの商品の特性を知ること

現在は、多種多様な製品を扱うECサイトがほとんどかと思います。

 

それらの製品は、それぞれ独自の性質を持っています。それが受注生産のものなのか、発注すればすぐに入荷するものなのか、月に10個しか売れないものなのか、1,000個売れるものなのか・・・。

 

このように、事前にその製品の特性を知ることが、適正な在庫を維持していく上では欠かせない業務となるでしょう。

 

自社に適した管理方法を取り入れよう

在庫管理、と一言で言っても、その方法は実に様々です。

 

会計などのように明確なルールや指針はありませんので、あくまでの自社の判断で行うことになるでしょう。

 

他の会社を参考にすることはもちろん大切なことですが、現在の自社の業務や管理方法、現場の意見といったものを全く無視するようなやり方では、スムーズな管理はできないでしょう。

 

現状を把握し、今の業務内容に見合った管理方法を取り入れていくことが大切です

 

自社に適したシステムを導入しよう

現在ECサイトを運営していくにあたり、在庫管理においてシステムを導入するということは避けて通れないことでしょう。一つの商品を一つの店舗で売っている、というかなり特殊なケースでもない限りは、人の手ではなく、システムに頼った在庫管理が不可欠なものとなります。

 

特に、複数店舗の運営を行っている場合は、在庫を一元管理できるようなシステムを導入することは作業効率を上げるためにも、ミスやロスをなくすためにも避けては通れない事案となるでしょう。

 

 

3.「数を知ること」だけが在庫管理ではない

在庫管理とは、単に「在庫の数を正確に知ること」ではありません。

 

倉庫にある在庫数をいくら正確に把握したからといって、その在庫が足りなくなってしまったり、過剰になっていたままの状態でいれば、それでは何の意味もないでしょう。

 

大切なのは、在庫を適正に維持するためにその商品の特性を知り、最適な発注や生産を行うことです。

 

もちろん、それぞれの会社により解決策や管理方法は異なってきます。在庫管理の方法を改善したい、という経営者の方は、問題の性質を知り、どのような解決策がよいのかを検討していきましょう。

170

自社のECサイトのほかに、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなどのモールへの出店されるときに、運用面やユーザー側への信頼性を考慮すると、在庫連動システムの導入は考えておくべきポイントです。

今回は、その中でもユーザー数の多い楽天市場で在庫連動させるときの注意すべきポイントを紹介いたします。

在庫連動システムとは?

在庫連動システムとは、自社のECサイトのほかに、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなどのモールを持った際に、在庫数の管理を一括してやってくれるシステムです。

在庫自動更新で更新作業不要で作業効率向上、ユーザーの信頼度の獲得、実店舗や基幹システムとの連携、コスト削減など色々なメリットがあります。

楽天市場で在庫連動させるとき注意すべき3つのポイント

楽天市場にも在庫連動システムを組み込むことで多くのメリットがありますが、在庫連動させるときの注意すべきポイント3つをご紹介します。

 

楽天で在庫連動する際のポイントその1 注文データのダウンロード

楽天市場での注文があった場合、出店ショップには、メールにてお知らせが届きます。これらをデータとしてダウンロードする必要があり、これには費用が発生します。有料ということです。楽天市場の運用の説明でダウンロード費用について見逃しがちですが、費用が発生することに注意をしましょう。

 

楽天で在庫連動する際のポイントその2 商品一括ダウンロードも可能

注文データのダウンロードをひとつひとつ確認していては、時間も手間もかかってしまいますよね。

1日数件のみの注文であれば、対応できるかもしれませんが、注文数が多いショップでは、膨大な作業量になってしまいます。

 

そこで、楽天市場が提供しているサービスとして、商品一括登録サービスがあります。CSV形式ファイルで一括ダウンロードが可能です。この商品一括登録サービスも有料ですので、注意が必要です。在庫連動システムの仕様の多くは、商品一括登録サービスに申し込みを必要としますので、この費用が発生することも頭の片隅に置いておきましょう。

 

楽天で在庫連動する際のポイントその3 楽天市場の共同購入、オークションには対応していないこともある。

 

在庫連動システムの仕様として、楽天市場の共同購入やオークションには、対応していないシステムもあります。システム導入の際は、制作会社に仕様を確認しましょう。

まとめ

日本のネットショップ市場で大幅なシェアを誇り、準備期間が短期間、低コストで出店できるプランや安心サポートなど、充実したサービスの楽天市場ですが、それ以外にも費用は発生します。

自社のECサイトや他のモールと合わせて在庫連動システムを導入する際には、注意が必要です。在庫連動システムを導入しようとされている経営者の方でシステムや費用について不明な点が多いときは、制作会社に相談してみるのもよいでしょう。


169
自社ECサイトとYahoo!ショッピングや楽天市場など、複数モールに出店しているEC運営者の方は多いと思います。今回は、そのような方へ向けて自社ECサイトとYahoo!ショッピングや楽天市場などの複数モール、そしてヤフーオークションも含めて在庫連動させるシステムの仕組みとそのメリットについてご紹介します。

在庫連動システムとは

自社ECサイトとYahoo!ショッピングや楽天市場などの複数モールを持っている経営者の方は、最初の大きな問題となるのが、在庫管理ではないでしょうか?

 

手作業でやろうとすると、その手順を確立して標準化するのも、従業員に業務を遂行させるのも大変なことですよね?

そのうえ、多品種、多数のものを扱っているのであれば、いくら時間があっても、いくら人件費を使うことができたとしてもむずかしいでしょう。

 

在庫連動システムは、最初に同じ数の在庫を自社ECサイトや複数モールに登録しておき、自社ECサイトやどこかのモールで受注が確定すれば、他のモールの在庫をその個数分を自動的に減らして表示してくれます。

24時間即時更新のシステムであれば、ほぼリアルタイムの在庫が変更表示されるのです。

例えば「4月4日10時現在の在庫です。」などという表示はする必要がなく、在庫数管理に関しては、ほっておいても大丈夫なのです。自社ECサイトとYahoo!ショッピングや楽天市場などの複数モール以外にも実店舗やヤフーオークションとの在庫連動も可能なシステムもありますので、導入コストや月額費用がかかったとしても、大幅な作業効率アップ、時間、人件費のコスト削減につながるはずです。

ヤフーオークションも在庫連動させるメリット

ヤフーオークション出店で多くの人に見てもらおう

ターゲットユーザーが好みそうなデザイン、使い勝手のよいデザインの自社ECサイトを手はじめにオープンさせたが、売上げは・・・という経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

検索エンジンにうまくヒットして、アクセスしてもらえたとしても多くの人の目にとめてもらうことはむずかしいでしょう。

そんなときは、自社ECサイトの窓口として、複数のモールを利用するとよいでしょう。

 

とにかく手間が省ける

ヤフーオークションは、他のモールと運用が少し違って手間がかかるイメージですが、在庫連動システムを導入すれば、ヤフーオークションで落札されるタイミングで自社ECサイトや他のモールの在庫を更新してくれます。他のモールと同じような運用でOKなのです。また、商品登録もヤフーオークションも含めて一括で登録できるシステムもあるので、手間が省けそれほどハードルが高いものでもないでしょう。

より効率的に運用するには、自社に合ったシステムが必要です。システムの仕様にもよるので導入の際は、システム販売会社によく確認、相談するとよいでしょう。

まとめ

多くの人の目にとめてもらいネットショップを知ってもらうことで、リピーターを増やし、さらに在庫の信用性があれば、安心して買い物してもらえることが、売上につながります。

売上が伸びないで思考錯誤されている経営者の方は、在庫連動システムの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ただシステムを導入することがゴールではなく、コストを削減し別のことに注力し全体的な運営の向上を考えておく必要があります。


168

 

自社のECサイトのほかに、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなどのモールへの出店も考案中という経営者の方もいるのではないでしょうか?

しかし、複数モール持つと在庫は連動できるのか、また、当分の間在庫切れする場合は後対応で大丈夫なのか、と考える方もいるでしょう。

今回は、複数のモール持ったときに有益な在庫連動システムの仕組みとメリットをご紹介します。

在庫連動システムとは?

自社のECサイトのほかに、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなどのモールを持った際に、在庫数の管理を一括してやってくれるシステムです。

 

例えば、全体で5個の在庫が有る場合、在庫連動システムを導入していれば、自社のECサイトも他のモールも「在庫5個有り」と表示でき、もし自社ECサイトで2個売れた場合は、自社のECサイトも他のモールも「在庫3個有り」と一斉に表示変更してくれます。

在庫連動システムを導入していなければ、運用方法は様々ですが、全体の在庫は5個でも自社のECサイトもどのモールも1個ずつの割り当てしかできず、「在庫1個有り」としか表示できなかったり、全体の在庫数も都度管理したり、考えれば考えるほど複雑で面倒ですよね。

 

販売する商品数や在庫数がたくさんであれば、現実的にはとても在庫連動システムなしでは考えられないでしょう。

在庫連動システム導入のメリット

どのモールにも同じ在庫数を一斉表示できる!

全体の在庫が5個であれば、どのモールにもそのまま「在庫5個有り」と表示できます。

 

在庫変更の表示のタイミングは、導入したシステムにもよりますが、24時間即時更新のシステムであれば、2個売れれば、一斉に「在庫3個有り」と自動で表示変更してくれます。

在庫が1個しか無いときでも、どこかの1つのモールにしか「在庫1個有り」と販売(表示)することができないのではなく、すべてのモールに「在庫1個有り」と表示できるので、どのモールを訪問してもユーザーは、購入することができ、販売のチャンスを逃すことがありません。

在庫連動システムの大きなメリットの1つです。

 

更新の手間が省け、作業効率アップとコスト削減

在庫連動システムがない場合、全体の在庫5個でどこかのモールで1個売れたとき、他のモールに毎回ログインして、「在庫4個有り」に変更しなければなりません。

 

複数モールがあれば、そのモール数だけ。数種類のものの販売しかしておらず、売れ行きも日に数個のものであれば、それも可能でしょう。

けれど、販売する商品数や在庫数がたくさんであれば、とてもでないですが、作業は追いつきませんよね。

 

その作業をする要員を確保するのも人件費が毎日の新たなコストとなってしまいます。何より、多忙、作業の複雑さは、ミスを招き、大きなトラブルに発展してしまいます。

 

在庫連動システムを導入するには、導入コストや月々のコストがかかるシステムもありますが、作業効率アップ、人件費などのコスト削減、トラブル回避、本店舗営業の時間確保などなど….と天秤にかけると、そう高コストではないでしょう。

 

ユーザーの信頼性を保つことができる

ネットショップのユーザーは、インターネットで注文が出来て宅配で届けてくれる便利なものという認識から、サイトの見やすさ、お届けまでの速さ、正確さ、丁寧さといったサービスの質までを求めるようになりました。

少しでも「えっ?」と思う点があれば、ユーザーの中には悪い印象が残ってしまうものです。

 

その中でも、ユーザーに不信感を与えるのは、在庫が無いのに、その表示がなく注文させてしまい、「在庫切れのお詫び」を送信し、自動キャンセルや返金としてしまうことです。「ただ、個人情報がほしかっただけ?」「在庫ないのに注文させて、予約注文とさせるため?」と疑われてしまうかもしれません。

これも、在庫の即時更新のシステムがあれば、未然に防ぐことができます。

まとめ

今回は複数モール持ったときに有益な在庫連動システムの仕組みとメリットをご紹介しました。

在庫連動システム導入することのメリットをあらためて一つ一つ考えていくと、コスト削減とリスクヘッジという観点で、非常に重要なシステムだと言えます。

 

在庫連動システムは、様々な機能を盛り込んで販売されていたり、自社の基幹システムと連動させたりすることも可能なものもありますので、複数の専門の会社に相談してみるのもよいでしょう。


167

 

自社のECサイトやモールの在庫管理を適当にしていませんか?ドキっとされた経営者の方もいるのではないでしょうか?自社のECサイトやモールの在庫管理、在庫連動を的確に行うことは、ネットショップを経営するうえで重要な項目になります。

今回は、在庫連動システムの仕組みと重要性についてご紹介します。これから、ECサイトを運営しようと思っている経営者の方や、在庫連動システムを導入しようとされている経営者の方は、参考にしてくださいね。

ECにおける在庫連動の仕組みとは?

自社のECサイトだけの運営であれば、在庫の管理には苦労しませんが、そのほかに、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなどのモールを持った際、在庫の管理はどうなるのでしょうか。

 

最初から在庫表示しないのが一番簡単ですが、ユーザーは有るのか無いのかわからないものを注文はしないでしょう。ならば、どこかのモールで1個売れたらならば、他のすべてのモールの在庫を1個ずつ減らして更新していきますか?それは、とても時間のかかる作業になり、多品種のものを扱っていれば、膨大な手間になってしまいますよね。

 

在庫連動システムとは、在庫数の管理を一括してやってくれるシステムで、どこかのモールで1個売れたらならば、他のすべてモールの在庫を1個ずつ減らして更新してくれます。

 

導入したシステムの仕様によりますが、24時間即時更新のシステムであれば、いつでもどのモールでも同じ在庫数が表示されます。

 

ECサイトを運営するうえで、在庫連動システムを重要視する理由

在庫自動更新で更新作業不要で作業効率アップ!

どこかのモールで1個売れたらならば、他のすべてのモールの在庫を1個ずつ減らして更新してくれますので、その都度、他のすべてのモールの管理画面にログインして在庫を1個ずつ減らして更新するという作業をする必要がなく、多品種の多数のものを扱っているのであれば、圧倒的に更新の手間が省け、作業効率がアップします。

 

最初の在庫登録もCSV一括登録が可能で1点1点を登録する必要がないので、商品登録、在庫管理については、かなりの作業効率アップが期待できるでしょう。

 

ユーザーの信頼度アップ

ユーザーは、商品の到着を楽しみにしているだけに、「有るのか無いのか?納期はどのくらいか?」は、とても気になるところで、そのECサイトやモールで購入するかどうかの大きな判断材料とするでしょう。

 

また、最もがっかりさせるのは、在庫有と表示されていたのに、「在庫切れのお詫び」のメールが届いたときではないでしょうか?ユーザーの中には、色々なサイトを見て入念に下調べをして購入するまでに時間をかけている人もいます。

 

「時間かかって、やっと注文したのに!」「最初から在庫無くて、待たせる気だったのか!?」と憤りを感じる人もいるでしょう。

的確な在庫管理することが、ユーザーの信頼度をアップさせ、トラブル回避につながるでしょう。

 

実店舗との在庫連動も1つのシステムでまかなえる

自社のECサイトやモールだけでなく、実店舗の運営している場合は、在庫連動システムで一括して在庫管理ができるように組み込んだシステムを提供している会社もあるので、システム作成の会社に相談してみるとよいでしょう。

 

コスト削減につながる

在庫連動システムを導入するためには、コストがかかりそうと躊躇する経営者の方もいるでしょう。けれど、導入コストや月々のコストは、在庫管理をする従業員の人件費と比較すると低コストです。また、「在庫切れのお詫び」の対応やトラブルの対応をしていると時間が過ぎ、手間も人件費もかかるものです。ここは、スパッと在庫連動システムを導入されることをおすすめします。

まとめ

在庫連動システムを導入することで、手間が省け、ユーザーの信頼を得ることができ、ECサイトやモールのリピート率の上昇も期待できます。

必要に応じてシステムを導入することで、EC運営を更に効率化していきましょう。


↑このページのトップヘ